自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

自動車保険で保険金が支払われない場合

自動車保険に加入していても、状況によっては保険金がおりない場合があります。

 

もちろんどんな種類の保険に入っているかで違いますし、
おりないのは特殊なケースではありますが覚えておかないと予定がくるったり先々に影響が出る場合もあります。

 

当然、詳しいことは保険の契約約款に書いてあるので読めば分かりますが、大まかな例をあげておきましょう。

 

まず「地震・噴火・津波による損害・傷害」では、基本的にすべての保険種目で保険金はおりません。
ですが、同じ自然災害でも「台風・洪水・高潮」については、「車両保険・搭乗者傷害・自損事故保険」のみ、支払われます。自然災害による「保険金がおりない場合」は少ないですが全く無いわけではないので調べておくべきでしょう。

 

次に「ドライバーが酒酔い・無免許・麻薬使用など、危険な運転をしていた場合」ですが「対人・対物賠償保険」だけは支払われます。これは、被害者保護の為の措置で、ドライバーが違法な運転をしていた場合でも賠償保険は支払われます。

 

 

車両保険でも、保険金がおりるケースとおりないケースに細かい規定があります。

 

車両保険は自分の車を直すために、
契約者が選んで加入する保険ですからなおさらしっかり約款を読んでおく必要があるといえます。

 

 

こちらも少し例を上げておきます。

 

 

上記したとおり「地震・噴火・津波による損害・傷害」の場合は、保険金はおりず
「台風・洪水・高潮による損害」については、保険金がおります。

 

更に「酒酔い・無免許・麻薬使用など、危険な運転をしていた場合」も保険金はおりません。
また、偽装事故などでも当然、保険金はおりません。

 

 

車両保険で気をつけないといけないのは、車が動かなくなった理由が「故障か事故か」が区別されることです。

 

 

例えば「エンジントラブル・車の欠陥・腐食・サビ・摩耗・部品の消耗」などは、
車両保険では一切カバーされません。あくまで「事故による車のトラブル」に対する保険なのです。

 

(※ちなみに「故障のトラブル」でもそれが起きてしまった時にかかった費用の一部を補償してくれる特約が付けられる場合もあります)

 

 

また特に紛らわしいのがタイヤのトラブルです。

 

事故や盗難など、保険が適用される場合にはタイヤの損害ももちろん保証されますが、
タイヤのパンクやいたずらによるタイヤの損害では車両保険での保険金はおりません。

 

 

「自動車保険に入っているから、自動車に何かあっても全て大丈夫」だと思っているとあとで勘違いと分かって困ってしまうことにもなります。
せっかく保険料を払って「保証」を買っているのですから、しっかりその説明を読んで上手に保険を選び、必要に応じて加入し、活用しましょう。

 

※上記については、保険商品によって異なる場合があります。
詳細については、該当商品の約款等を必ずご確認ください。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!