自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

保険金は損失を全部補償してはくれない!?

自動車事故で発生してしまった損失が、加入している保険の範囲内であっても全額補償されるとは限りません。

 

ここで重要なワードが「過失割合」です。
過失割合というのは、その交通事故が「自分」と「相手」どちらにどれだけの過失があったかの割り合いです。

 

どちらかが一方的に悪い=100%の過失がある、という場合もありますが
お互いに過失があって事故が起こってしまうことは珍しくありません。

 

その割合を「過失割合」といい、それが「7:3」とか「8:2」などという数字で現されます。

 

そして双方が無制限の保険に加入していたとしても「お互いにお互いの損失を全て支払いましょう」という処理は行われず、
過失割合にそった補償が行われることになります。

 

過失割合は、基本的には過去に起こった類似の事故の裁判の判例を元に決められます。
当然ですが、交通事故に同じものはありませんし、出された割合が絶対に正しいとはいい切れません。

 

ちなみに過失割合の判例は「別冊判例タイムズ 
民事交通訴訟における過失相殺の認定基準」といった専門の書籍や、ネット上の保険会社のサイトにも参考になるページがあるので、
過失割合に疑問を感じたり、勉強してから交渉したい方は調べておきましょう。

 

こうして決まった「過失割合」に従ってそれぞれの損害額を双方の保険会社が負担することになります。

 

例えば、過失割合が「7:3」、つまり自分に7割の責任がある事故の場合で、
自分の車の修理に100万円がかかってしまう場合、相手の保険会社からは「対物賠償」として3割、
30万円が支払われることになります。

 

逆に、相手の車の修理にも100万円がかかる場合は「対物賠償」として7割、70万円が自分の入っている保険会社から支払われます。また、相手の車の修理に200万円がかかる場合は140万円が支払われることになります。

 

 

このように、お互いの過失によって支払われる保険金が「相殺」されることを「過失相殺」といいます。
言いかえれば「自分の損害額から自分の過失割合の分の額を差し引くこと」ということです。

 

上の例では「対物賠償」の補償と保険金をピックアップして書きましたが、
例えば「車両保険」に入っていれば自分の車の修理費用をそちらからも出すことができますし、
様々な保障内容の変更や、特約によって自分の重視する補償を厚くすることもできます。

 

 

保険に加入する時点で十分に吟味し、納得した上で選択することが大切です。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!