自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

自動車保険の保険金額はどれ位にしておいたら安心?

あなたが事故の加害者となった時、相手に怪我をさせてしまう事もありますね。

 

事故後に重い後遺障害を抱えてしまったり最悪な場合には死亡してしまう時もあります。
そんな時、事故後にあなたに対して賠償金の請求がきますが、その額が1億や2億円という多額ののものになる事も決して珍しい話ではありません。

 

賠償金を支払うからといって被害者側が失ったものが取り戻せるわけではありませんが、
「償い」という意味で相手に対して誠意を持って対応していかなければ、
相手にさらなる苦しみを与えてしまいます。

 

そういった理由から対人保険をかける時は、「無制限」を選択する事をおすすめします。

 

事実、「無制限」にて任意の対人賠償保険をかけている車は、全体の95%にも及びます。
対人保険を無制限でかけるという選択は、車を持っている人にとっては常識でしょう。

 

過去の人身事故による後遺障害損害認定額を見ていても
2億、3億の賠償請求になった事例もあり、「無制限」にするのが安心です。

 

 

では対物賠償に関してはどうでしょうか。

 

対人のように「億単位のような高額にはならないのでは」と思われてる方もいらっしゃるでしょうが、
過去には対物に関しても1億円以上の損害賠償を科せられる判例があります。

 

1998年より保険の自由化が始まりましたが、
それ以前では対物賠償は1000万円が一般的でした。

 

 

しかし今では、自動車事故に対する高額な損害認定事案が増えてきており、
対物も対人と同じように無制限を選択する人が増えて来ています。

 

保険金は無制限に設定し、安く保険料の会社を見つけるのが良さそうですね。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!