自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

人身傷害補償保険とは?

人身傷害補償保険(じんしんそんがいほしょうほけん)とは、車両事故によって発生した死傷に対する損害金額を補償する自動車保険です。

 

自動車保険の中でよく知られている対人賠償保険と違い、人身傷害補償保険は、文字通り自動車事故で死亡または怪我を負った被保険者(契約者本人)が補償対象となります。

 

【人身傷害補償保険の特徴】
・事故の過失割合に関係なく実際に発生した損害額が補償される
・示談成立前に保険金が支払われる
・被保険者だけでなくその家族も補償対象となる

 

【補償される事故範囲】
・自分の車(契約車両)に乗車中の事故で死傷した場合
・他人の車(契約車両以外)に乗車中の事故で死傷した場合
・歩行中や自転車の走行中に自動車事故に巻き込まれて死傷した場合
・エレベーターなどの交通乗用具と称される車両に乗車中の事故で死傷した場合
※ 被保険者の家族に対する補償条件は各保険会社によって異なります。契約時によく確認してください。

 

人身傷害補償保険が補償するケース例を以下にまとめました。
【ケース例1:こちらの不注意で衝突し相手車両の運転者が怪我を負った場合】
このケースでは相手に過失がないので、通常であれば加害者として相手の治療費用全額を自費で支払らわなければいけませんが、人身傷害補償保険があればその負担額を全額カバーすることができます。

 

【ケース例2:こちらに過失のない衝突事故で怪我を負ったが、相手車両が保険未加入のため支払い能力がない場合】
このケースでは、自己負担しなければならなくなるであろう相手側が支払うべきこちらの損傷金額を、人身傷害補償保険で全額カバーすることができます。

 

【ケース例3:衝突事故で怪我を負い入院したが、保険会社の判定で過失割合が0にならず治療費に自己負担が発生した場合】
全治療費が100万円のところ、相手側の保険から支払われた金額は60万円。人身傷害補償保険に加入していれば、差額の40万円が保険金として支払われ、損害金額すべてがカバーされます。

 

以上のように、突然ふりかかった災難がふりかかったとしても、人身傷害補償保険に加入していれば無駄な心配に労力を使うことなく安心して治療に専念することができます。

 

人身傷害補償保険の種類には、補償範囲が幅広く設定されたものから契約車両での損傷だけを補償する基礎的な種類までと、ご自身の状況によって加入タイプを選べるようになっています。また、アルコール摂取や薬物使用での運転など、明らかに被保険者に過失があると認められる場合や違法運転での事故は補償対象外になります。例外点についても加入前に契約内容をよく理解しておくと良いでしょう。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!