自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

無保険車傷害保険とは?

無保険車傷害保険(むほけんしゃしょうがいほけん)とは、相手側の車両に十分な支払い能力がない場合にその損害賠償額を補償する自動車保険です。

 

自分自身が任意保険に加入しているからといって、すべてのドライバーが加入しているとは言い難いのが近年の現状です。付け加え、死亡ケースになるほどの自動車事故の場合、被害者側の損害金額が相手車両の付けている対人賠償保険補償額を上回る可能性は大いに考えられます。また、加害者が見つからず泣き寝入りするしかないようなひき逃げ事故が自分の身に起きないとも100%言えません。無保険車傷害保険の存在は、そのような予期せぬふいの自動車事故に大変強い味方となります。

 

【無保険車傷害保険の特徴】
・対人賠償保険と同じくほとんどの自動車保険に自動的に含まれている
・自賠責保険の上限金額までしか相手から請求できない無保険車両との事故でも損害のすべてをカバーできる
・他の賠償保険との重複補償で作用する

 

【適用されるケース】
・相手車両が自動車保険(対人賠償保険)に未加入の場合
・相手車両が自動車保険(対人賠償保険)に加入してはいるが、
- 運転者の明らかな過失による違法運転で起きた事故の場合
- 補償される保険金額が損害賠償金額より低い場合
- 盗難車だったり補償内容が不十分な場合
- 年齢や家族限定特約など一定の条件が満たされておらず補償対象外となっている場合
・ひき逃げなどで相手を特定できない場合

 

【補償対象となる人】
・被保険者(保険契約者)および被保険車両(契約車両)に乗車している人

 

【補償対象となる損害】
・死亡および後遺障害

 

【支払われる保険金額】
・対人賠償保険の保険金額と同額で、無制限加入の場合の上限は2億円

 

【注意点】
無保険車傷害保険と人身傷害補償保険は補償される範囲が重複していますが、だからといって両方の保険金額は下りません。基本的な無保険車傷害保険の補償金額は、以下のような計算式で覚えておくと便利です。

 

加害者側から支払われるべき損害賠償金額 ー こちらの自賠責保険や人身傷害補償保険で補償される保険金額 = 無保険車傷害保険が補償する金額

 

また、事故のケースが人身傷害補償保険の対象となる場合は、そちらの補償が優先して行われることも覚えて起きましょう。

 

以上のように、無保険車傷害保険の補償内容には注意すべき点がいくつかあります。付け加え、適用される内容や条件も各保険会社によって異なるため補償内容をよく把握しておく必要があります。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!