自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

条件を見直せばこんなに変わる車両保険

車両保険料の割合は自動車保険料の中でも意外と多くを占めています。

 

 

自分の予算と見合わせた時に「自分には無理かな」と感じる人は、
車両保険を切り捨てるという選択も止むを得ません。

 

 

自動車保険が必要な一番の理由は、万一事故を起こしてしまった時に備える為です。
加害事故の場合は他人の生命やモノに対して損害賠償が請求されます。

 

自動車保険に対して十分に対応をしているのならば、
車両保険へは二の次になってしまったとしても仕方がないでしょう。

 

しかし中にはどうしても車両保険をつけたいという人もいらっしゃるでしょう。、
その様な人達の為に、車両保険料の下げ方の一例を書きます。

 

車両保険料を下げる方法は、
車両保険の免責金額を大きくする
保険でカバーできる範囲を少なくする
の2点です。

 

ではまず一つ目の『車両保険の免責金額を大きくする』方法からご紹介します。

 

免責金額とは、かけていた保険で保険金を支払う必要が出た時に、
自己負担しなければならい金額の事です。

 

一例を挙げると、事故を起こし修理代50万円必要だったとします。

 

免責額が10万円であれば、この場合は自己負担10万円、保険で40万円となります。
免責金額は増えますが、それとは反比例して保険料の掛け金は安くなります。

 

しかし、事故発生時に相手方にも過失があった時は、相手から回収した保険金も免責金額へ充てられます。
ですので、こちら側が100%でない限りは免責金額が全額負担になるという事は滅多にありません。

 

保険料をなるべく安く抑えたいのならば、
免責を高めの金額にしておくというのも一つの方法でしょう。

 

 

 

 

車両保険でカバーできる事故の範囲

 

車両保険の補償というのは大きく分けて2種類の中からの選ぶ事となります。

 

起こした事故のうち大体の損害を補償してくれるもの
自損事故以外の車の損害を補償してくれるもの

 

です。ではこの二つにはどういった違いがあるでしょうか。

 

 

 

二つの違いの大まかなポイントは、
自損事故の際の保険金の有無
相手が確認不定の際の事故の保険金が出るかどうか
となります。

 

 

一般車両保険に入ってなかった場合、相手に支払いの能力がなかった時は、
「やられ損だった」という事にもなりかねません。

 

車両保険はあなたの大切な車を守る為のものです。
車が損傷した時に後悔しない様に、可能な限り事故を広くカバーしてくれる一般車両保険に入っておいた方がよいでしょう。

 

 

※損害保険会社や商品等の違いにより補償の内容が変わってきます。
詳しくは各保険会社もしくは代理店に必ずご確認ください。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!