自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

走行距離は短いほうが自動車保険料は安いのか?

 

リスク細分型自動車保険』というものをご存じですか?

 

 

事故が起こる危険度で区分わけをし、保険料を決めていこうというものです。
保険業界での競争が激しくなった1996年、この年は金融が自由化された年でした。

 

 

激しい競争の中で数多くの商品が売り出されましたが、
その頃にこのリスク細分型自動車保険も登場しました。

 

 

この保険の利点は、
保険料を決める際に運転する人の車に対する利用状態が考慮出来るという点です。

 

 

たとえば、走行距離。
距離が少ない人は事故の遭遇率も少なくなると単純に予測されますので、
これに該当する人はその分の保険料を安く抑える事が出来ます。

 

 

しかし、「一年間でどれくらい走りますか?」
と急に聞かれてもなかなか答えられないものですよね。

 

 

それだけでなく、「長距離ドライブに行ったらどうなるの?」などと
いろいろな心配も出てくるでしょう。

 

 

でも安心してください。

 

 

ある保険会社にこの件について伺ったところ、
設定している距離から少しくらい足が出てしまっても保険金は基本的には
支払いはしてくれるとの事でした。

 

 

少しばかりは余裕を見てくれる、とはいっても嘘の申告はやめましょう。

 

 

車に長い間乗っていると、
その経験から大体の走行距離の予想はつくようになると思います。
申告をする場合は必ずそれを基準とするようにしましょう。

 

 

給油する回数によっても1年間あたりのおおよその走行距離に目安をつける事もできます。
近年、燃費の良い車もたくさん販売されていますので
一概には言えませんが、次のものを小型車での基準としてみるとよいでしょう。

 

 

・1ヵ月に1度・・・3,500KM程度
・1ヵ月に2度・・・7,000KM程度
・1週間に1度・・・14,000KM程度

 

 

燃費の良し悪しによっても大幅に変わってきますので、
もっと正確な走行距離が必要となった場合は
車を購入したお店へ一度問い合わせてみましょう。

 

 

 

ゴールド免許のお得な利点

 

優良運転者、つまりゴールド免許の人が割引の対象となるものもたくさん出てきています。

 

それらの中でも、
・主な運転者のみゴールド免許の時
・運転する人皆がゴールド免許の時
この二つでも会社の商品によっては割引かれる率が変わる時もあります。

 

 

そしてもちろん、そのどれくらい割り引かれるかも会社によって違いがあります。
運転年齢条件などでもこの割引の対象となるか否かの判断基準となる所もあるようです。

 

 

お持ちの運転免許証がゴールドの場合は、
自身が損をしないように契約の際は申告を忘れないようにしましょう。

 

 

※損害保険会社およびその商品等により補償の内容は変わってきます。
詳しくは各保険会社もしくは代理店にお問い合わせください。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!