自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

対物賠償保険とは?

対物賠償保険とは、自動車事故により相手の車や物、家や店舗などに損害を与え、
賠償責任が生じた場合に保険金が支払われる保険です。

 

具体的には車の修理代や代車使用料、休車損害に対する補償、レッカー代、廃車費用などが掛かりますが、損害を与えた対象によっては、※休業損害や営業損失なども負担する必要があります

 

※その対象に損害が発生しなかった場合、生じていたであろう利益

 

車に少し傷が入った、タイヤをパンクさせた程度であればポケットマネーでどうにかなるかもしれませんが、相手の車が高級車の場合、修理代が、タクシーやバスの場合、営業損失の部分で費用は莫大になる可能性もあります。(数千万〜数億など)

 

こちらも補償金額が不足すると困りますので、
無制限での契約をおススメ致します。

 

また、対人賠償保険とも似ている箇所ですが、
対物賠償保険では自分のものは補償されません。

 

基本的には「他人の物」が対象となります。
事故により自分や家族のものに損害が発生しても補償はされませんので
ご注意ください。

 

もう一つ気を付けなければいけないのは、
補償の範囲を無制限にしていたとしても、補償は「時価額」までとなります。

 

どういうことかと言いますと、
時価40万円の車に損害を与えて、50万円の修理代となった場合
保険で支払われる金額は40万円までとなります。

 

この場合、トラブルに発展する可能性もありますので
不足分はポケットマネーから出すか、予め特約などをつけて
すべて補償されるようにするなど注意が必要です。

 

※特約(対物超過修理費特約/対物全損時修理差額費用)

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!