自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

対物超過修理費用特約とは?

対物超過修理費用特約(たいぶつちょうかしゅうりひようとくやく)とは、対物賠償保険だけでは補えない相手車両の損害額をカバーする自動車保険です。

 

通常、衝突事故のケースで相手車両が被った損害は、加害車両側の対物賠償保険で補われます。しかし、その賠償責任額は被害車両の時価額が最高限度額となることが法律で定められているため、万が一、かかった修理費が時価額を上回る場合は、対物賠償保険の補償金額だけでは全額を支払うことができず、加害車両側の自己負担が生じてしまいます。修理費を全額支払うことができなければトラブルの原因となるだけでなく、事故示談の終結も長引いてしまい厄介です。そんな時に付帯しておくと効果的なのが対物超過修理費用特約なのです。

 

【補償される保険金額】
・対物賠償保険だけでカバーされない損害金額を、50万円を上限額として保険金額に上乗せすることができる

 

【補償されるケース】
(例)被保険者の過失割合が10割の事故で、衝突した相手車両の時価が30万円の場合。
相手車両の修理費用には50万円かかりましたが、対物賠償保険では車両時価の30万円しか補償されませんが、対物超過修理費用特約を付けておけば、上回った差額の20万円をカバーすることができます。

 

このように、クラシックカーだったり、古いがために簡単に修理が行えないような車両との衝突事故の場合には修理費が時価額を大幅に上回ってしまうため、対物賠償保険だけでは十分な補償が得られない可能性があります。対物賠償保険加入だけでは自腹を切ることになり兼ねないことを考えると、対物超過修理費用特約の付帯は十分に意味があるのではないでしょうか。

 

対物超過修理費用特約の補償内容は各保険会社によって異なります。また、対物全損時修理差額費用特約や対物差額修理費用補償特約という名称で販売されているものもあります。詳細については事前に各保険会社や代理店に確認しておきましょう。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!