自動車保険の比較情報、クチコミを紹介

運転者の範囲を限定すると安くなる?

運転者限定特約をご存じですか?

 

 

保険料を安く抑える一つの方法なのですが、
「所有している車の運転をするのは家族だけ」という家庭の場合は
この特約をおすすめします。

 

 

この特約では、運転できる人をあらかじめ決めておくのですが、
各保険会社の商品ごとに限定ができる範囲は変わってきます。

 

 

下記の表を参考にしてみてください。

 

運転者の種類(特約) 運転者の範囲
本人限定 記名被保険者
本人・配偶者限定 記名被保険者の配偶者
家族限定 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族または別居の未婚の子
運転者限定なし 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族または別居の未婚の子
運転者限定なし その他

 

運転者を限定する程に自動車保険が使える対象が少なくなる為リスクは大きくなります。

 

 

もし、この特約で指定している以外の人にあなたの車を運転させる事がある場合は、
自動車保険の被保険者であるか、 他車運転危険担保特約は使えるのか、
ドライバー保険等に加入しているかのなどを確認しておきましょう。

 

 

地方の人は特に複数所有新規割引を知っておこう!

 

「複数所有自動車割引」というものがあります。

 

 

大都市圏では家にある車が1台もしくは所有していない所が多くなっています。
反対に、地方では車は必需品であり1人1台というのもよく見られます。

 

 

これはそういった複数車を持っている家庭に対応すべく作られたものです。

 

まず、1台目の保険契約にて5年以上事故が無かった人を対象とされるもので、
その人が2台目、3台目の車を購入する際に割り引きで新規の契約してくれます。

 

 

自動車保険を契約の際に1台目の保険証券や車検証などの提示が必要となります。
もし保険会社が違っていても、保険会社の方で確認が取れ次第割引の適用は可能です。

 

 

[複数所有新規の適応例]

 

家庭用で使用している1台目の小型車両は20等級。
農作業をする際使用する為の自家用の軽四輪貨物車を新しく購入した。

 

 

さて、この際のポイントは4つあります。

 

 

・1台目の保険等級が11等級以上であること。
・2台共、記名被保険者・車の所有者が個人であること。
・2台共、自家用8車種であること。
・2台共の記名被保険者及び車両所有者が同じかあるいはその配偶者等である事。

 

 

以上の条件が満たされていれば、
通常6等級からとなるノンフリート等級が7等級からスタート可能です。

 

複数所有新規割引を知っている人が意外と多くいらっしゃるようです。
しかし今これを覚えておけば、あなたが車を新しく購入する際に
あとから後悔する事はないでしょう。

 

 

注意すべき点は、新しく車両を購入する際に違う所で購入するのであるのなら、
割引なしで計算されてしまう可能性がある事です。
それを避ける為にも、複数所有新規割引は忘れずに伝えるようにしましょう。

 

 

※損害保険会社およびその商品等によって補償内容も変わってきます。
詳しくは各保険会社・代理店にお確かめ下さい。

>>自動車保険は定期的に見直すことをおススメします!一括見積もりで比較してみましょう!